ブログ

スピードコースで免許取得しました

昨年の夏「スピードコース」で入校し、卒業して行かれた大学生(男性)の手記からの抜粋です。

「私は、昨年の夏、入校させていただきました。スケジュールについてですが、私ができるだけ早めに卒業させてもらえるように、スタッフの方に教習を詰めていただけるように調整させて貰いました。また、教習では、安全かつフレンドリーに接してくださったおかげで、あまり不安を抱かずに練習、勉強できました。順調に免許も取れ、こちらに入校させていただき良かったと思いました。」

これより下の記述は入校から卒業まで流れを、(HP管理者が)ブログに綴ってみました。

1日目(自動車学校入校)

自動車学校初日。

事務手続きの後、視力検査をして運転適性検査を行います。その後に学科を1コマ受けて教習の進め方、注意事項など説明を聞いて初日は終了。

明日から運転の実技がはじまります。

2日目~8日目(1段階教習)

スピードコースとはいえ 第1段階のうちは、運転技能は一日に2時限まで。学科は一日に2時限~3時限ずつ受けて交通ルールを学びます。

教習所、最初はいろいろ緊張すると思いますが、少しずつ運転するのが楽しくなって来くるころですね?

ちょっと休憩(9日目、10日目)

週末の二日間は、諸事情により自動車学校はお休みします。大学生、夏休みとはいえ色々忙しいみたいですね?

二日も間が空くと運転忘れそうだけど、「よし大丈夫!」

今日は予備日(11日目)

修了検定を最短の15時限で受けることができそうなので、今日は1時限(みきわめ)のみの運転で終了。送迎バス発車まで、libraryで時間を過ごしてました。

大量のまんが本、一日居ても退屈しないかも?

12日目(修了検定・路上教習)

仮免許をとるために!午前中は運転(技能検定)、午後に学科(仮免学科)!!無事に合格しました。その日の夕方路上での教習が始まりました。

ガソリンやエンジンオイル、タイヤの点検、ちょっと楽しい♪

第二段階(13日目、14日目)

第二段階では一日に3時限運転できるのですが、一日に2時限運転技能のマイペースな教習計画。学科は1~4時限の計画。「応急救護講習」「原付講習」など、この2日間はちょっと忙しいぞ!

原付バイクは思いのほか楽しい。来年は普通二輪も取得しませんか?

16日目(日曜日)

計画通りに教習が進んでいるので、この日は1時限だけ運転しておしまい。

昨日、急ブレーキのカリキュラムはちょっ怖かったかな?

教官の対応も少し変化してきます。

「だんだんダメ出しが減る」

「教官の事例解説が増える」

「長年運転していると、色々とあるのね?と感じる」

17日目~19日目

縦列駐車ムズイ! 高速楽しい (^^♪ 効果測定がんばって、満点合格!!

2時限づつ消化して、いよいよ明日は卒業検定。

新品だった学科教本、ほぼ全てのページに目を通した。

まんが本もシリーズ物を読み終えた。

ワンピースが置いてないのがおしい!!卒業したら、教官に言っておこうと思う。

 

20日目(最終日)

本日は卒業検定の日。

当初の計画通りに教習を受けて頂いたうえに、規定時間で卒業検定を受験しました。

…結果、無事に検定合格おめでとうございます。

「八代ドライビングスクールのみなさん 短い期間でしたが、お世話になりました。」

とメッセージを残し、笑顔で帰って行かれました。

…ということで、夏休みに自宅から車校に通って入校から卒業まで20日で終わりました。

YDSより

スピードコースは卒業まで一日2時限の運転計画を作成し、計画どおりに教習を進めていきます。

ハイスピードコースは第二段階で、一日3時限の教習計画を作成します。

※どちらも、入校日に計画表をお渡ししますので、事前に都合の悪い日をお知らせください。

プレミアムコースとは教習計画は自分で作成することになりますが、予約の制限がなくスケジュール管理がしやすくなります。

※一般教習生の場合は教習の時期により、3時限~6時限先の予約制限となっておりますので、「キャンセル待ち」などで多くの待機時間を費やすことになる場合があります。

 

関連記事

ページ上部へ戻る